一般歯科

一般歯科では虫歯の治療や予防など、通常皆さまが歯科医院に通院した際に受ける治療の大半を指します。 初めて来院された患者さまはまずこちらで診察・検査を行い、ご希望を伺いながら最適な治療計画を立てていきます。 ご不安な点などお気軽にご相談ください。

どうして虫歯になるの?

虫歯とは、虫歯の原因菌のミュータンス菌が作り出す酸によって歯が溶けてしまう事です。虫歯菌はお口の中の糖を分解し、グルカンという粘着性のある物質をつくり歯の表面に付着します。虫歯菌がそこで増殖して固まった塊を歯垢(プラーク)といい、この歯垢が出す酸によって歯が溶かされるのです。歯垢(プラーク)が形成され始めてから実際に虫歯の原因になる酸を作り出すまでには、24~48時間かかると言われています。

しかし、ご自身ではしっかり歯磨きを行っているつもりでも、磨き残しがあると虫歯になってしまいます。 そのため当医院では、定期検診で磨き癖などを確認し、正しいブラッシング指導を行っています。また、歯茎の間の溝(歯周ポケット)まで磨ける特殊な器具を使用して清掃するP.M.T.Cや歯を強くするフッ素塗布なども虫歯予防に効果があるといわれています。

虫歯を放っておくと大変なことに!

虫歯の進行状態はC1~C4の4段階で分類されます。番号が大きくなるほど症状がひどく、治療も困難になってきます。最悪の場合は抜歯をしなければならないケースもあります。虫歯の早期段階で歯を削らずに治療を終わらせることが重要です。歯を削る行為は歯や歯の周辺組織に大きな負担がかかり、たとえ虫歯が治ったとしても歯の寿命が短くなってしまっているのです。万が一、虫歯にかかってしまった場合はすぐに病院へ行きましょう!虫歯の進行レベル

歯の根の治療~MTAセメント

虫歯の進行が進み、神経まで達してしまうと神経を取って根の治療をすることになります。これは頻繁に行われる治療ですが、歯内療法専門医が存在するほど難しい治療の一つです。 その理由の一つは、根管は複雑な構造にも関わらず、直接見ることができず、治療は手探りであることや、目に見えない細菌を除去しなければならない事があります。

近年では新しい療法も開発され、治療法も進化していきました。ここではその一つである、MTAセメント療法についてご紹介します。
これは米国で開発された歯科用の水硬性セメントで、諸外国では1998年以降、虫歯や歯科治療によって歯の底に穴があいた場合や歯にひびが入った時などに用いて実績を挙げています。ただの虫歯の穴ではなく、歯から骨に抜ける穴を埋めるのに使うことが可能なのが特徴です。また、MTAは殺滅作用が強く、組織を刺激する事による硬組織を形成する作用がある為、直接覆髄法(歯の神経が露出した時に使う事で神経を保存する方法)や間接覆髄法(露髄はしていないが歯の神経までかなり近い場合に、歯髄の保護や鎮静を目的として行われる方法)に用いたり、歯に穴が空いた際の修復等にも使用されています。
今までは、この部分を穴埋めするのに適した材料はありませんでした。理由は、骨に抜けている歯の穴は出血や組織液などで濡れており、通常のセメントではなかなか接着しなかったからです。このMTAセメントは、そのような場所でも簡単に使う事ができ、しっかり接着してくれるため予後が良いことが証明されています。

※保険適応外の治療となるため、自費治療扱いになります。

痛くない麻酔治療

当医院は「痛くない治療」を心がけています。痛みを軽減するために、表面麻酔薬を塗ってから麻酔注射をします。なるべく痛くないように刺入しますので、ほとんど痛くありません。麻酔注射器は、電動の注射器を使用しています。これは従来の注射器より針が細く、刺したときの痛みが非常に抑えられます。また、機械でコントロールしてゆっくりと麻酔液を注入することで、より痛みを軽減することができます。